陸上部


近畿高等学校ユース大会結果報告

9月14日(金)〜 9月16日(日)鴻ノ池陸上競技場にて開催されました。
5000mW 4位井澗 洸太21分45秒11自己新記録!
11位福本  翔23分45秒38
1500mDNS井澗 翔太 
井澗 洸太
「3位入賞に届かず悔しい結果となりました。しかし、自己ベストが更新できたことなど良かった点もあったので、次はもっと上を目指していきたいです。」
福本 翔
「目標としての自己ベスト更新はできなかったのですが、親や先生に恩を少しは返すことができました。」
井澗 翔太
「僕は今回、直前の練習で怪我してしまい近畿ユースへの出場は叶いませんでした。今回出場できなかった悔しさを駅伝にぶつけるために、これから気持ちを入れ替えて頑張っていきたいです。」


福井しあわせ元気国体2018出場決定!
第73回国民体育大会
10月 5日(金)〜10月 9日(火)福井県営陸上競技場
都築 勇貴 少年男子A5000m
「国体には初めての出場となりますが、自分の持っている力を全て出し、少しでも和歌山県に貢献できるよう頑張ってきますので応援よろしくお願いします。」
井澗 洸太 少年男子共通5000mW
「初めての全国大会となるので、これからやれることを全部やって本番では楽しんでやっていきたいと思います。少しでも上位を狙っていくので応援よろしくお願いします。」


和歌山県高等学校ユース大会結果報告

 8月17日(金)〜8月19日(日)に紀三井寺陸上競技場で行われた県ユースで3位までに入賞した3名が9月14日(金)〜9月16日(日)に鴻ノ池陸上競技場で開催される近畿ユースへの出場権を獲得しました。 結果は以下の通りです。
5000mW 優勝井澗 洸太22分31秒76大会新記録
 3位福本  翔25分28秒37
1500m 3位井澗 翔太 4分02秒46
12位中山 友哉 4分23秒12
5000m 6位井澗 翔太15分50秒67
11位井澗 洸太16分44秒99

5000mW表彰式
 
 1500m表彰式
近畿高等学校ユース大会に参加する3名より
井澗 洸太
「近畿ユースでの目標は21分30秒を切って入賞することなので、応援よろしくお願いします。」
福本 翔
「次の近畿ユースで今年最後の5000mWのレースになるので、自分のベストを出し切って悔いのないようにしていくのと、自分は色々な人に支えてもらって好きなことができているんだと感謝の気持ちを忘れないでレースに挑みます。」
井澗 翔太
「県ユースでは、自分の思い描いたような走りができず、悔しい思いをしたので、近畿ユースでは、自分の持てる力を全て発揮して、優勝を目指した、攻めの走りをしていきたいと思います。」


全国高校総体結果報告(平成30年8月20日)

都築勇貴
 「この度、全国IHでは、皆さんの応援、支えがあり無事に予選を通過し、決勝で全国の強豪と勝負することができました。結果は3分50秒62で10位と悔しい結果となりましたが、全国でしっかり勝負することができ良い経験となりました。
 最後に、応援してくださった方、いつも自分を助けてくれたり支えてくれている方々、今回は、あまり良い結果を持ち帰ることが出来ませんでしたが、たくさんのご声援ありがとうございました。」

この記録は自身が持つ県高校記録を更新しました。



野村優作
 「今回僕は、予選10位で14分49秒35でした。応援してくださった方々の期待に応えることができず悔しく思います。これからは駅伝に向けてチーム一丸となり頑張っていきたいです。応援ありがとうございました。」


動画サイトに2人のレースがアップされていますので、興味のある方は検索してみてください!


近畿高校総体結果報告!(平成30年6月19日)
 部員9名中、7名が近畿総体に出場しました。
 その中で、都築勇貴(3年)が1500mにて3分50秒89で優勝、5000mにて14分36秒76で 7位入賞 野村優作(3年)が5000mにて14分32秒39で6位入賞を果たしました。
 都築は1500m、野村は5000mで8月2日(木)〜8月6日(月)に三重県で開催される全国高校総体への 出場権を獲得しました。
都築勇貴コメント
 「3年間自分のやってきたことを信じ、応援してくれている方々、チームの仲間の分も代表として精一杯 頑張ってきますので応援よろしくお願いいたします。」
野村優作コメント
 「この一年間全国インターハイで入賞することを目標にやってきたので、出場権を手にすることができ 嬉しいです。本番までにやれることを全てやり悔いの残らないよう頑張りたいです。」


5000m表彰式より

1500m表彰式より
(続きを読む/たたむ)