陸上部


第69回男子和歌山県高等学校駅伝競走大会結果報告
&
全国高等学校駅伝競走大会出場決定!

11月3日(土)に日高川町で開催された県高校駅伝にて、本校ならびに紀南勢男子初の優勝を成し遂げる事ができました!これまでどんなときも変わらず応援していただいた方々、本当にありがとうございました!!
以下に結果とコメント等を掲載します。
OBより寄贈された部旗とともに
1区 野村 優作 30分09秒 区間2位
2区 井澗 洸太  9分08秒 区間1位
3区 都築 勇貴 24分34秒 区間1位
4区 重石 卓哉 25分13秒 区間1位
5区 中山 友哉  9分20秒 区間2位
6区 水井 翔哉 15分47秒 区間1位
7区 井澗 翔太 15分27秒 区間1位
総合 田辺工業高等学校 2時間9分38秒 優勝
1区走者 野村 優作
「今回、個人としては区間2位で悔しい結果となりましたが、総合では優勝することができ、本当にうれしかったです。たくさんの応援ありがとうございました。全国の舞台では、日頃の練習の成果を発揮し、応援してくださる方々への感謝の気持ちを持って頑張りたいです。」

2区走者 井澗 洸太
「県駅伝では、自分たちの2時間10分切りで優勝するという目標を達成することができました。応援していただいた人達に喜んでもらうことができたので、すごくうれしかったです。近畿、全国でもみんなに喜んでもらえるようにがんばっていきたいと思います。」

3区走者 主将 都築 勇貴
「皆さんの応援のおかげで優勝し、全国への切符を手にすることができました。自分は3区で区間1位の24分34秒で走り、チームに貢献でき良かったと思います。まずは近畿で勢いをつけ、全国の舞台でさらにチームで出したタイムを大きく上回り20位以内に入ることができるよう頑張っていきたいと思います。最後に応援ありがとうございました。」

4区走者 重石 卓哉
「自分は4区を走りタイムが25分13秒で区間1位でした。チームに貢献できる走りができて良かったです。県で優勝はできたのですが、まだ全国があるので、ここで油断せず気を引き締め、全国でも結果を出し応援してくださっている方々に恩返しできるようにしたいです。」

5区走者 中山 友哉
「区間2位で悔しかったですが、楽しく走ることができたので良かったです。応援してくださった方々にはとても感謝しています。次は近畿駅伝なので、しっかりメンバーに選ばれチームに貢献する走りをしたいです。優勝することができうれしかったです。」

6区走者 副主将 水井 翔哉
「県駅伝では優勝することができ、全国高校駅伝の出場権をつかむことができました。目標にしていた2時間10分切りと区間賞を取ることができ、とても嬉しかったのですが、タイムは納得のいく結果ではなかったので、この悔しさを今後の練習、駅伝で取り返したいです。そしてたくさんの方々に応援をしていただき、とても力になったので、感謝の気持ちを忘れずに頑張り、自分たちの目標である全国高校駅伝20位以内を達成できるように1日1日を大切にしていきたいです。」

7区走者 井澗 翔太
「県駅伝に7区で出場させていただきました。結果は目標としていた2時間10分切りで優勝することができました。個人としても15分27秒で区間1位でした。ですが、まだまだ力不足なので近畿、全国では県よりもさらに良い走りができるようにがんばりたいです。そして、今回応援して頂いた方々にまた喜んでもらえるようにしたいです。」

清水 友登
「僕は県駅伝に補欠として出場させていただきました。結果は優勝することができ、目標を達成できたので、積極的で粘りのある走りをしてくれた仲間に感謝し、そして応援してくれたたくさんの人に感謝し、次の近畿、全国でもチームの目標達成のために努力し、次は自分がメンバーとして走れるように努力したいです。」
福本 翔
「今回自分はレースには出場することはできなくて応援の方をさせてもらったのですが、チームの結果は優勝でした。この結果を持ってこられたのは、先生や周りの人の支えがあったからなので、本当にありがとうございました。次は、近畿、全国とあるのですが、また応援の方よろしくお願いします。」

福井しあわせ元気国体2018結果報告

第73回国民体育大会

10月5日(金)〜10月9日(火)福井県営陸上競技場にて開催された国体の結果は以下の通りです。
都築 勇貴 少年男子A5000m 14位 14分21秒99
「自己ベストを15秒ほど更新することはできましたが、全国の舞台で入賞できず悔しい結果となってしまいました。この悔しさを今後のレースに全力でぶつけていけるよう頑張りたいと思います。最後に、応援してくださった方々、ありがとうございました。」
井澗 洸太 少年男子共通5000mW 14位 21分59秒26
「初めての全国の舞台で出来たこと、出来なかったことがあるので、それをこれからの練習に生かしていきたいと思います。そして来年の全国大会でこのリベンジして勝ちにいきたいと思います。」

第69回男子和歌山県高等学校駅伝競走大会に向けて

11月3日(土)に日高川町で開催される県駅伝に向けてそれぞれの意気込みを紹介します。
主将 都築 勇貴
「任された区間で全力を尽くし、チーム田辺工業全員で力を合わせて応援してくださっている方々の声援に応えられるように頑張りたいと思います。そして優勝して全国への切符を必ず勝ち取るので応援よろしくお願いします。」
重石 卓哉
「3年間やってきたことを自信にし、まずは県で優勝することを目標に自分がチームを勝たせる勢いで走ります。」
野村 優作
「チームとして全国高校駅伝20位以内を目標にやってきたので、まずは県駅伝で優勝できるよう一致団結して頑張りたいです。」
副主将 水井 翔哉
「任された区間で自分らしい走りをし、チームの目標である全国高校駅伝20位以内を達成するための通過点なので、全国高校駅伝を意識して走りたいです。1年間駅伝を目標に頑張ってきたので、応援してくださっている人に感謝の気持ちを忘れず、応援に応えられるようにしたいです。」
井澗 洸太
「自分の走りをして全員で2時間10分切を目標にしてやっていきたいと思います。その目標が達成できれば優勝も出来ると思うので、まずは自分たちの力を発揮して田辺工業らしいレースをしたいと思います。」
井澗 翔太
「2時間10分切で優勝を目指してがんばりたいです。僕は、この1年この大会のために練習してきているので、練習の成果を発揮できるように、全力でがんばりたいです。」
清水 友登
「初めて出場する県駅伝で、自分たちは挑戦する立場なので、全国駅伝で目標を達成するために始めから攻める走りをしてチームに貢献したいです。」
中山 友哉
「今回初めて出場するので、どの区間を任されてもベストな走りが出来るようにしたいです。チームの優勝に貢献できる走りをしたいです。」
福本 翔
「去年の悔しい気持ちを全部ぶつけてやっていくのと、去年出場できなかった自分たちを今年も応援してくれている人達に喜んでもらえるように結果を出していきたいです。」

近畿高等学校ユース大会結果報告

9月14日(金)〜 9月16日(日)鴻ノ池陸上競技場にて開催されました。
5000mW 4位井澗 洸太21分45秒11自己新記録!
11位福本  翔23分45秒38
1500mDNS井澗 翔太 
井澗 洸太
「3位入賞に届かず悔しい結果となりました。しかし、自己ベストが更新できたことなど良かった点もあったので、次はもっと上を目指していきたいです。」
福本 翔
「目標としての自己ベスト更新はできなかったのですが、親や先生に恩を少しは返すことができました。」
井澗 翔太
「僕は今回、直前の練習で怪我してしまい近畿ユースへの出場は叶いませんでした。今回出場できなかった悔しさを駅伝にぶつけるために、これから気持ちを入れ替えて頑張っていきたいです。」


福井しあわせ元気国体2018出場決定!
第73回国民体育大会
10月 5日(金)〜10月 9日(火)福井県営陸上競技場
都築 勇貴 少年男子A5000m
「国体には初めての出場となりますが、自分の持っている力を全て出し、少しでも和歌山県に貢献できるよう頑張ってきますので応援よろしくお願いします。」
井澗 洸太 少年男子共通5000mW
「初めての全国大会となるので、これからやれることを全部やって本番では楽しんでやっていきたいと思います。少しでも上位を狙っていくので応援よろしくお願いします。」


和歌山県高等学校ユース大会結果報告

 8月17日(金)〜8月19日(日)に紀三井寺陸上競技場で行われた県ユースで3位までに入賞した3名が9月14日(金)〜9月16日(日)に鴻ノ池陸上競技場で開催される近畿ユースへの出場権を獲得しました。 結果は以下の通りです。
5000mW 優勝井澗 洸太22分31秒76大会新記録
 3位福本  翔25分28秒37
1500m 3位井澗 翔太 4分02秒46
12位中山 友哉 4分23秒12
5000m 6位井澗 翔太15分50秒67
11位井澗 洸太16分44秒99

5000mW表彰式
 
 1500m表彰式
近畿高等学校ユース大会に参加する3名より
井澗 洸太
「近畿ユースでの目標は21分30秒を切って入賞することなので、応援よろしくお願いします。」
福本 翔
「次の近畿ユースで今年最後の5000mWのレースになるので、自分のベストを出し切って悔いのないようにしていくのと、自分は色々な人に支えてもらって好きなことができているんだと感謝の気持ちを忘れないでレースに挑みます。」
井澗 翔太
「県ユースでは、自分の思い描いたような走りができず、悔しい思いをしたので、近畿ユースでは、自分の持てる力を全て発揮して、優勝を目指した、攻めの走りをしていきたいと思います。」


全国高校総体結果報告(平成30年8月20日)

都築勇貴
 「この度、全国IHでは、皆さんの応援、支えがあり無事に予選を通過し、決勝で全国の強豪と勝負することができました。結果は3分50秒62で10位と悔しい結果となりましたが、全国でしっかり勝負することができ良い経験となりました。
 最後に、応援してくださった方、いつも自分を助けてくれたり支えてくれている方々、今回は、あまり良い結果を持ち帰ることが出来ませんでしたが、たくさんのご声援ありがとうございました。」

この記録は自身が持つ県高校記録を更新しました。



野村優作
 「今回僕は、予選10位で14分49秒35でした。応援してくださった方々の期待に応えることができず悔しく思います。これからは駅伝に向けてチーム一丸となり頑張っていきたいです。応援ありがとうございました。」


動画サイトに2人のレースがアップされていますので、興味のある方は検索してみてください!


近畿高校総体結果報告!(平成30年6月19日)
 部員9名中、7名が近畿総体に出場しました。
 その中で、都築勇貴(3年)が1500mにて3分50秒89で優勝、5000mにて14分36秒76で 7位入賞 野村優作(3年)が5000mにて14分32秒39で6位入賞を果たしました。
 都築は1500m、野村は5000mで8月2日(木)〜8月6日(月)に三重県で開催される全国高校総体への 出場権を獲得しました。
都築勇貴コメント
 「3年間自分のやってきたことを信じ、応援してくれている方々、チームの仲間の分も代表として精一杯 頑張ってきますので応援よろしくお願いいたします。」
野村優作コメント
 「この一年間全国インターハイで入賞することを目標にやってきたので、出場権を手にすることができ 嬉しいです。本番までにやれることを全てやり悔いの残らないよう頑張りたいです。」


5000m表彰式より

1500m表彰式より
(続きを読む/たたむ)